明けましておめでとうございます。

小林 拓弥

明けましておめでとうございます。

2024年は元日からよからぬこと続きです。
去年末はうちの父親が倒れたり、自分の周囲でも悪い事が立て続けに起こっています。
この流れは今日ここで断ち切り、変えていかなければなりません。

2024年の抱負

今年の抱負は次の通り:

  1. もっとトレランの大会に出る
  2. クローン病で悩んでいる人を少しでも勇気づけたい
  3. 救命講習を受ける・防災士になる

1.もっとトレランの大会に出る

去年は「上州八王子丘陵ファントレイル」と「古峰ヶ原高原トレイルラン」にエントリーして完走しました。
エントリーしたのはいずれもショートだったので、今年はロングにエントリーしたいです。

その他に、次のレースも走りたいと思っています。

  • 宇都宮トレラン
  • さくらやまトレイルラン
  • 赤城山トレイルランニングレース

今までは、なんとなくでトレーニングしていたけど、今年は計画的に鍛え上げていきたいですね。

2.クローン病で悩んでいる人を少しでも勇気づけたい

私はクローン病患者として定期的に最新情報をGoogleで調べているのですが、
ある日、Googleのサジェストに「クローン病 人生終わった」というワードが表示されました。

サジェストに表示されるくらいなんだから、きっと同じ思いの人がたくさんいるのでしょう。
若い人が発症することが多い病気なのでさぞかし辛いでしょう。

私も21歳の時にクローン病と診断されたときは、世界が白黒になるような、とてつもない閉塞感を味わいました。
去年末にクローン病の講演を聞いてきたのですが、緩解と再燃を繰り返して悪化していく病気であることを改めて突き付けられました。実体験として心当たりがあったのでとても怖くなりました

そこで、私にできる事として2つの事が思い浮かびました。

  • 健康的な生活習慣を心がけて症状や再燃の可能性を極限まで抑えてQOLを上げる
  • 自分と同じクローン病で悩んでいる人を元気づけたい

私はクローン病について”Experience”があります。患者数は国内に約5万人と極少数なので、一患者として積極的に情報を発信したいと思っています。

また、趣味のトレランで、クローン病を背負ってもこれだけの事ができるという事を知らしめたい。
そして、クローン病と診断された人や、これから診断される人に勇気を与えられるような人間になりたいと思っています。

3.救命講習を受ける・防災士になる

日本は地震・津波・気象災害・火山災害などが頻繁に起こる自然災害大国です。
そのため、防災士という資格はとても有用だと思います。

災害に対する知識と対処方法を身につけ、災害に備え、災害時は人命救助をできるようにしたいです。

防災士になる過程で学ぶ、心肺蘇生やファーストエイドの知識は災害時以外でも役立ちます。
他人を助けるだけでなく、自分の身を守る為にもこれらの知識は有用なものとなりそうです。

今年もよろしくお願い致します

ここまで読んでいただきありがとうございます。

2024年は去年以上にアクティブな年にしたいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

RELATED POSTS

中の人

小林 拓弥
Instagram:tak.uyakobayashi  YAMAPヤマレコ

クローン病を乗り越えトレランや登山に挑む!健康を追求しながらアウトドアを楽しみたい!

・2014年 クローン病発症
・2022年6月 再燃
・2022年8月 ブログ開設。走り始める
・2023年5月 初めてのトレラン大会

興味関心:キャンプ/登山/トレラン/合気道
月間走行距離:150kmくらい

リザルト:
『上州八王子丘陵ファントレイル2023』58位(ハーフ男子39歳以下)
『古峰ヶ原高原トレイルラン2023』133位(ショート男子)

中の人について詳しく

CATEGORY

ARCHIVE

TAG CLOUD

佐野市 八王子丘陵 古峰ヶ原高原 栃木県 根本山 桐生市 男体山 群馬県 袈裟丸山 赤城山 足利市 足尾町 鹿沼市

COMMENTS

コメントなし

RECENT POSTS

赤城から草津までの車中泊旅

久しぶりに雪の山歩をしたくなりました。持ち合わせている装備的にガチな雪山は無理なので、かんたんな赤城山に…