虻虻虻虻虻虻蜻蛉蜻蛉蜻蛉蠅蠅蠅な前袈裟丸山

活動データ

ここ2週間ほどめちゃくちゃ暑いですね。

最近、この酷暑を理由に運動をサボりがちだったので、
少し標高があって涼しそうな「前袈裟丸山」を”山歩”してきました。

今回のコースは、塔の沢登山口から登り、寝釈迦像を拝み、前袈裟丸山までのピストン。

悪路の先に塔ノ沢登山口

塔ノ沢登山口には車を数台ほど停められるスペースがあります。

ここまでの林道の舗装は凸凹で、車高がある車ではないときついかもしれません。

行動開始。塔ノ沢沿いの登山道を進んで行きます。

「寝釈迦入口」

ピンクテープやケルンを辿って進みます。

御影石から浮き彫りされた寝釈迦像

塔ノ沢登山口から1時間弱進んだところに大きな御影石があり、その上に寝釈迦像があります。

北枕で右向きに横たわっています。

これは御影石を浮き彫りしたもので、いつ誰によって掘られたのかは不明。
一応次のような説があるそうです。

  • 勝道上人によって掘られた
  • 徳川時代に足尾銅山で病死した因人の菩提を弔うために掘られた

寝釈迦からしばらく進むと山小屋がありました。

比較的、新しい山小屋

隣には古い山小屋。

「山は、母の命 森は、動物のふる里 自然は、地球の宝」

マルバダケブキ

賽の河原

行動開始から110分ほどで賽の河原に到着。

子供の新仏を出した人がここで石を積むとその子供に会えると伝えられているそうです。

ここから比較的楽な尾根歩きです。
樹林帯で日陰なので涼しくて気持ちいい。
小丸山へ向かいます。

賽の河原を過ぎた辺りからアブやトンボの姿が増えてきました。
虫取り網を一回振れば10匹や20匹ごっそりと取れそうです。

小丸山(1676m)

ここが小丸山(1676m)です。
見晴らしが良く、袈裟丸山塊が一望できます。

袈裟丸山にはピークが4つあり、それぞれ次のように呼ばれています。

  • 袈裟丸山(1878m)
  • 袈裟丸山(1908m)
  • 袈裟丸山(1900m)
  • 袈裟丸山(1961m)

4つとも縦走しようと思いましたが、
前袈裟丸から後袈裟丸へのコル「八反張」は風化が激しく通行禁止となっています。
残り3つのピークを踏むには、郡界尾根登山口からもう一度登る必要があります。

ドラム缶を真っ二つにしたような避難小屋がありました。

中はこんな感じ。塗料の匂いなのか石油系の臭いが強い。

背丈以上の笹を漕いでいく。

アブの猛襲

小丸山を過ぎた辺りから大量のアブにまとわりつかれ、チクチクと噛んできやがります。
そんな痛くはありませんが、イライラ(;^ω^)
アブはスズメバチと見間違えるほど大きく、イカリジン15%が効いていない様子でした。
次来るときはパワー森林香を焚いて来ようと思いました。

この山行の翌日に記事を書いているのですが、噛まれた所が急に炎症を起こし、かゆみが出てきました。噛まれた時はチクっとするくらいでこんなもんかと思っていましたが、時間差でこんなに痒くなるとは…

最後の急登を乗り越える

断面図を見てみるとなにやら見覚えのあるような形をしていますが、この突起部分がきつかったです。

まとわりついてくるアブを払いながら急登を登り、少しでも休もうなら虻に噛まれます。

↓完全防備

前袈裟丸山

虻に襲われながらも何とか山頂に到着しました。

ここから先の「八反張」は風化が激しいため通行禁止。

この日の最高気温は平地で38℃でしたが、袈裟丸山は28℃。
ルートのほとんどが日陰で涼しい山行を楽しめました。
虻の量が凄いので防虫対策は必須です。

RELATED POSTS

赤城山の稜線を制覇せよ!

自分が住んでいる東毛エリアから見える赤城山はこういう姿をしています。 物事がめまぐるしく変化する世の中で…

中の人

小林 拓弥
Instagram:tak.uyakobayashi  YAMAPヤマレコ

クローン病を乗り越えトレランや登山に挑む!健康を追求しながらアウトドアを楽しみたい!

・2014年 クローン病発症
・2022年6月 再燃
・2022年8月 ブログ開設。走り始める
・2023年5月 初めてのトレラン大会

興味関心:キャンプ/登山/トレラン/合気道
月間走行距離:150kmくらい

リザルト:
『上州八王子丘陵ファントレイル2023』58位(ハーフ男子39歳以下)
『古峰ヶ原高原トレイルラン2023』133位(ショート男子)

中の人について詳しく

CATEGORY

ARCHIVE

TAG CLOUD

佐野市 八王子丘陵 古峰ヶ原高原 栃木県 根本山 桐生市 男体山 群馬県 袈裟丸山 赤城山 足利市 足尾町 鹿沼市

COMMENTS

コメントなし

RECENT POSTS

赤城から草津までの車中泊旅

久しぶりに雪の山歩をしたくなりました。持ち合わせている装備的にガチな雪山は無理なので、かんたんな赤城山に…